ordinary life

シティーハンター二次創作と萌え語り

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原作以上のお話です。
二人が一線を越えて間もない頃のお話。
二人がキスしてる…というだけの内容です(笑)。
結構甘めです…。

<クレッシェンド キス>



唇と唇を合わせる、ただそれだけの事。
だけど、言葉で伝えるよりも確かに、お互いの想いが伝わってくる。
心に触れ、満たされる。
こんなにも強く、強く、全てを感じる。




キッチンの片付けを終えリビングへ行くと、そこには長脚を組んで雑誌に目を通すリョウの姿。
伏せられた睫が意外と長い事を知ったのは、つい最近だ。

二人分のコーヒーを持って傍まで行くと、雑誌から顔を上げリョウは柔かく笑った。
こんな笑い方をする事も、ついこの間まで知らなかった。

リョウが香への想いを口にしたあの日から、二人を包む空気は少しずつ変わり始めていた。
それは他人には分からない、些細な変化。
今もこうして微かな甘さを含んだ空間に、二人は取り囲まれている。
全てが通じ合った今では、その空気はより一層濃くなっていた。

サンキュ、と先程の笑みを浮かべたままカップを受け取ろうとする大きな手が、香の手に微かに触れた。
リョウの手なんて、見慣れてるはずなのに。
何度も触れたことがあるはずなのに。
自分の手に残るリョウの体温に、過剰反応してしまう。

リョウの全てを強烈に意識してしまうのは、きっとこの甘い空気のせいだ。
二人きりでいると、もう以前のようには振舞えない。
そわそわと何だか落ち着かなくて、トン、トン、と心臓が跳ねる。


くっくっ、と喉の奥で響くような笑い声に、香はそちらへ目を向けた。

「な、なに…どうしたの?」
怪しむ香を無視して、ついにリョウは声に出して笑い始めた。
「ちょっと、何がおかしいのよ?」
「くくっ…何がって…そりゃお前だよ、香チャン♪」
「え?」

別に笑われるような事などした覚えのない香は、眉間に皺を寄せた。
「だって、おま…さっきから挙動不審だからさ…くっ…」
込み上げる笑いは収まらず、リョウは肩を震わせた。

さっきからずっと黙ったまま、落ち着かなかった香だ。
挙動不審だと思われても仕方がないかもしれない。
だが、そこまで笑われるとさすがに少し頭にくる。

「そっ、そんなに笑う事ないじゃない!」
「悪ぃ、あんまりおかしいから、ついな」
リョウは赤くなってむくれる香の頭をそっと撫ぜた。

「俺と二人だと、緊張するか?」
リョウの意地悪な視線に、香は開き直った。
「そうよ、緊張するわよ!悪い?」
怒りながらも照れる香に、リョウは目を細め微笑むと、香の横へ座りそっと胸に引き寄せた。
「いいや、悪くねぇよ…」
頬に感じる温もりと、耳に響く少し低くなった声に香の鼓動が早まる。

「てか、俺もお前の事笑えないしなぁ…」
「…え?」
「俺もお前と一緒って事だ」
リョウの声と一緒になって聞こえるその鼓動は、確かに少し早いリズムを刻んでいた。
「…な?」
「全然そんなふうに見えないんだけど…」
「そりゃお前と違ってポーカーフェイス得意だからな」
その声はいつもどおりに振舞おうとしているが早い鼓動はそのままで、香は何だかおかしくなり先程のお返しとばかりに小さく笑った。

「そっか、リョウでも緊張するんだ」
香のセリフに今になって恥ずかしくなったリョウは、笑いを止めるようにその体をきゅっと抱きしめた。
「オイ、いつまでも笑ってんじゃねぇよ」
「リョウだって私の事笑ったじゃない」
「俺はいいんだよ!お前はダメ!」
あまりに身勝手なリョウに、香は思わず吹き出した。
「何子供みたいな事言ってんのよ、もう」

腕の中で本格的に笑い出そうとする香の体をグイ、と離すと、リョウは笑みを残したままの唇に軽くキスをした。

途端に、しんと静まり返るリビング。

薄くなりかけた空気が、再び濃くなり始めた。

「もう黙れっての…」

漆黒の瞳に現れた深い影に、香は息を飲んだ。
射抜かれるような視線に耐えられなくなり目を逸らそうとしたが、強い意志を持ったその瞳がそうさせるのを許さない。


キスされる。

そう思うより、リョウの唇を感じるほうが早かった。

少しかさついたリョウの唇。
その唇は思いの他柔かくて、香はキスされる度に少し驚いてしまう。

体が強張るのは始めのほうだけだ。
何度も繰り返される啄ばむようなキスは、優しくて気持ちいい。
肩や背中を撫ぜる大きな手もとても心地よくて、まるで夢の中を漂っているような錯覚を覚える。
だんだん強く
しかしそれも、すぐに現実的なものへと摩り替わってしまう。

背中に回された手が腰を引き寄せ二人の距離を消し、甘い口付けは徐々に深くなり始める。
閉じた唇をこじ開けられ、粘膜が触れ合う艶かしいキスに香の体が震えた。
タバコとコーヒーの味が、口の中に広がってゆく。

次第に苦しくなる呼吸に覆いかぶさる体を離そうとするが、腰に回された腕の強さに適うわけはなくて、香は一瞬できる僅かな隙間に息を吸い込んだ。

パズルのようにぴったりと重なった唇は、混ざった雫で濡れている。

リョウのキスに翻弄され続けた唇は痺れ、やがて全身に広がり香の思考を奪っていった。
自分に身を委ねた柔かい体をきつく抱きしめると、リョウは舌を差し入れ口内を探り始めた。
濡れた唇から漏れる切なく乱れる声に煽られ、その動きは激しくなり淫らな音が響きだす。
歯列をなぞり上顎の裏を擽るように舐めると、抱いた腰がくねり出した。

熟れた果実のような唇を味わうのは、この上なく楽しい。
固い体が己によって柔かく解れていく様を見ると、たまらなくゾクゾクする。

覆いかぶさる体は次第に角度を深め、床と水平になる。
長い時間繋がっていた唇を離すと、短く切れる吐息が漏れた。

胸を上下させ乱れる呼吸を繰り返す香の瞳は虚ろになり、焦点が定まらない。
それはまるで達した後のようで、リョウの感情を煽り続ける。

「いい顔だな…。キスだけでこの有様なら、これから先お前どうなるかな…?」

小さな笑いと共に落とされた言葉にも、香は無反応なままだ。

「…試してみようか?」

リョウは赤く腫れた唇を指の腹でなぞると、未だに短い息を漏らす唇を深く塞いだ。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://qazzz.blog31.fc2.com/tb.php/187-55de72cf

MAY

Author:MAY
CH(リョウ×香)のイラストと二次小説を好き勝手に書き散らしております。
たまに他のジャンルの萌えを語る事も。
最近嵐さん(特にリーダー)にはまってます…。

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。