ordinary life

シティーハンター二次創作と萌え語り

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
な、なんと!あの駄文に拍手が…。
…見間違いじゃないよね。
う、嬉しい、嬉しすぎる!!
読んで頂けただけでもありがたいのに、まさか拍手まで頂けるとは…本当にありがとうございます!!MAYは幸せ物です。

えっと…、実は拍手をもらって浮かれてしまったMAYは、調子に乗ってまた書いてしまいました。(おだてられると調子に乗るタイプなんです、単純なんで)

内容は、奥多摩の一件の翌日のお話です。
前編、後編に分かれてます。
前編はほぼ原作並。後編は結構甘いです。
今日は前編です。
突っ込みどころ満載の駄文ですが、もしよろしければ読んでやってください…。




<true heart(1)>


カーテンの間から差し込む白い光が、瞼に当たるのを感じて目が覚めた。
んーっと伸びをしながら上半身を起こし、カーテンを開けると気持ちいい青空が広がっていた。
目は覚めたものの、なんだかまだ夢の中にいるようなぼんやりとしている私の心。

『愛する者』

数十人の敵に囲まれた危機的状況の中で、リョウはそう言った。
ムードなんてあったもんじゃない雰囲気で語られたリョウの言葉は、周りの雑音をかき消し、私の心にダイレクトに届いた。

ただただ、嬉しかった。その言葉が、想いが、素直に嬉しかった。

昨日の事を思い出し、恥ずかしいような嬉しいような、今まで感じた事のない想いに満たされながら、朝食の支度をするべくリビングへ向かった。



無事に香を助け出しアパートに戻ると、張り詰めていた緊張が一気に解けたのか香は倒れこむように眠ってしまった。
あんな目にあったのだ、無理もない。
俺は香を抱きかかえ客間のベッドへ寝かせると、自室へ向かった。

ベッドに横になると重い疲労感が体中に広がっていく。
身体は休息を求めているが、なぜか頭の中は異常なまでに覚醒していて眠る事ができない。

ふと、あの時の光景が目に浮かんだ。
無数の銃口を向けられ、捕らわれていた香の姿だ。
思い出した途端、一気に体温が奪われ身体が冷えていくのが分かった。

怖かった。

香を助け出す自信はあった。ああいう状況での対処法はとうに心得ているから。
だが、俺はあの時己の心に生まれた恐怖心と闘っていた。
香を傷付け、失う事への恐怖。

俺は香をこの世界から守り抜く。これは俺のゆるぎない想いだ。
だが、この世に絶対なんてものはない。
これからも俺のそばにいる限り、昨日のような目に合うのだ。
この恐怖心を拭い去る事などできないのだ。

胸に溜まった重い空気を吐き出すように深いため息をついた。
ふとブラインドを見ると弱い光がもうすぐ朝なのだという事を知らせる。
堂々巡り
リョウはまたいつもの堂々巡りをしていた自分にあきれるように苦笑した。

『愛する者』なんて言った後もウジウジ考えるなんて、往生際が悪い奴だよな、俺も…。
いい加減ハラを括らなきゃ…だな。
結局散々迷ったところで、香を手放す事などできない。そうするつもりもない。
香と共に生きる。
この想いだけは変わることはない、これからもずっと。

だったら、強くなればいい。香を守れるように誰よりも強く。

「あんまりシケたツラしてると、心配するよなアイツは…。」
リョウは自分を奮い立たせるように勢いよく体を起こした。
「さて、朝のおいしい空気でも吸いに行くかな…」
この男には何とも不似合いなセリフをはきながら、それを実行すべく屋上へ向かった。



朝食の準備を終えた香はリョウの部屋の前で迷っていた。
いつもはノックもせずに遠慮なく叩き起こしているのに、今日はやっぱり躊躇ってしまう。
「…でも、ここで突っ立ってても仕方ないわよね、うん!」
自分に言い聞かせるようにつぶやくと、ドアノブに手をかけ勢いよく開けた。
「リョウ、ご飯の準備できた…あれ?」
しかし、ベッドにいると思われた男はそこにいなかった。
緊張していた香は必要以上に力んでいたらしく、肩の力を抜くとリョウの行方を探った。
「ここにいないという事は…ふむ」
香は間違いなくここだ、という確信めいた思いでリョウがいるであろう場所へと向かった。


屋上でタバコをふかしていたリョウは、下から上がってくる気配に気付き、フッと笑った。
やがて屋上のドアが、ギィと重い音を上げてゆっくり開いた。
現れた香は少し俯き遠慮がちに近づく。
その顔は心なしか赤く染まっていて、戸惑っているのが手に取るように分かった。
そんな香を見て、リョウは心の底から言いようのない愛おしさが込み上げてくるのを感じていた。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://qazzz.blog31.fc2.com/tb.php/100-f526b4c9

MAY

Author:MAY
CH(リョウ×香)のイラストと二次小説を好き勝手に書き散らしております。
たまに他のジャンルの萌えを語る事も。
最近嵐さん(特にリーダー)にはまってます…。

名前:
メール:
件名:
本文:

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。